モビリティランドとは

モビリティランド

2006年、株式会社鈴鹿サーキットランドと株式会社ツインリンクもてぎは6月1日に対等合併し、「株式会社モビリティランド」として新たなスタートを切りました。
1962年に日本初の本格国際ロードコースとして産声をあげ、日本のモータースポーツ普及に貢献してきた鈴鹿サーキット。
そして、1997年に日本唯一のスーパースピードウェイを擁するモータースポーツフィールドとして誕生し、「アメリカン・モータースポーツ」という新たなモビリティ文化をもたらしたツインリンクもてぎ。モビリティを通して、お客様に「喜び・楽しさ・感動」を提供し続けてきた二つの企業が、ひとつになりました。
株式会社モビリティランドは、これまで鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎがそれぞれに培ってきたノウハウと力を結集し、より豊かなモビリティ文化を創造することで「喜び」「楽しさ」「感動」を広く社会に提供し続ける企業でありたいと願っています。

モビリティランド50周年史

モビリティランドフィロソフィー

基本理念

人間尊重
三つの喜び(買う喜び、売る喜び、創る喜び)

社是

わたしたちは、世界中の人と自然を心豊かに結ぶモビリティ文化を創造し、
「喜び」「楽しさ」「感動」を広く社会に提供し続ける

運営方針

●常にお客様志向で考えること
●「夢」を原動力に創意工夫をし、果敢にチャレンジすること
●理論・オリジナリティ・時間・コミュニケーションを大切にすること
●仕事を愛し、技を磨き、笑顔溢れる職場にすること
●誠実な姿勢を保ち社会的責任を果たすこと
●「安全第一」に徹すると共に地球環境との調和をはかること

モビリティとは

人が移動するには目的があります。人が他の場所に移動して、人と出会うことから社会は始まります。移動によって、さまざまな人が出会い、たがいに学びあうとき、そこに新しい文化、新たな価値が生まれてきます。わたしたちは、そうした人の移動に関わる領域すべてを「モビリティ」と呼んでいます。 モビリティの持つ利便性、楽しさ、価値を追求し、より多くの方々の生活や活動の中に根付かせてゆく。それをわたしたちは「モビリティ文化」と呼んでいます。モビリティランドの大きな使命のひとつ、それは社会の中により豊かで安全なモビリティ文化を創造することにあります。

モビリティとは

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS