沿革

会社沿革 [ 株式会社モビリティランド ]
1961年  2月 社名 株式会社モータースポーツランド、資本金2億5千万円で、東京都中央区京橋3丁目6番地に設立。
10月 多摩テック(東京都日野市)営業開始。
1962年   6月 株式会社モータースポーツランド、社名を株式会社テクニランドに変更。
9月 日本初の国際水準を抜くレーシングコース、鈴鹿サーキット完成。
1963年 1月 鈴鹿サーキット第1期自動車遊園地完成、営業開始。
1966年 2月 遊戯施設の開発および制作を目的としたテックプロダクションを開設。(於埼玉県和光市)
1968年 4月 株式会社テクニランド、社名を株式会社ホンダランドに変更。
1969年 7月 株式会社ホンダランド、資本金20億円に増資。
1978年 7月 「鈴鹿8時間耐久オートバイレース」開催。(於鈴鹿サーキット)
1987年     3月 「世界選手権日本グランプリロードレース」開催。(於鈴鹿サーキット)
6月 株式会社ホンダランド、社名を株式会社鈴鹿サーキットランドに変更。
株式会社鈴鹿サーキットランド、本店を三重県鈴鹿市に移転。
11月 「F1日本グランプリレース」開催。(於鈴鹿サーキット)
1991年  2月 東京都港区南青山に株式会社ホンダモビリティワールドを資本金1億円で設立。
1994年 1月 株式会社ホンダモビリティワールド、社名を株式会社ツインリンクもてぎに変更。
12月 天然温泉「クアガーデン」オープン。(於鈴鹿サーキット)
1997年    1月 株式会社鈴鹿サーキットランド100%出資の新会社「サーキットサービスクリエイツ株式会社」を設立。
4月 株式会社ツインリンクもてぎ、本社を東京都中央区八重洲に移転。
8月 「ツインリンクもてぎ」オープン。営業開始。
9月 天然温泉「クアガーデン」、中国レストラン「楼蘭」オープン。(於多摩テック)
1998年  3月 「CART」開催。「ファンファンラボ」オープン。「Honda Collection Hall」オープン。「ホテルツインリンク」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
8月 世界一の草レースを目指し、「もてぎオープン7時間耐久ロードレース“もて耐”」開催。(於ツインリンクもてぎ)
1999年 4月 「ロードレース世界選手権日本グランプリ」開催。(於ツインリンクもてぎ)
10月 「MOTEGI 熱気球 インターナショナルチャンピオンシップ」開催。(於ツインリンクもてぎ)
2000年  6月 「トライアル世界選手権」開催。(於ツインリンクもてぎ)
7月 「コチラちゃんのプッチタウン」オープン。(於鈴鹿サーキット)
「ハローウッズ」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
2002年  3月 「コチラちゃんのプッチタウン」オープン。(於多摩テック)
2003年  3月 「モビリティアイランド プッチタウン」オープン。環境マネジメントシステム「ISO 14001」取得。(於ツインリンクもてぎ)
4月 「INDY JAPAN 300mile」初開催。(於ツインリンクもてぎ)
2005年 3月 「インフォメーションセンター」「モビリティアイランド カートランド」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
4月 スーパースピードウェイにマシン衝突時の衝撃を吸収するメカニズムを持つ「SAFERバリアシステム」導入。(於ツインリンクもてぎ)
2006年 6月 株式会社ツインリンクもてぎと株式会社鈴鹿サーキットランドを合併し、社名を株式会社モビリティランドに改称。
株式会社モビリティランド、本店を東京都中央区に移転。
10月 「F1日本グランプリ」20周年記念大会開催。(於鈴鹿サーキット)
2007年 3月 「のれた!」を創造する新エリア「ピピラのモトフィールド」誕生。(於鈴鹿サーキット)
2008年 3月 自然とふれあう新エリア「チララのハローガーデン」オープン。(於鈴鹿サーキット)
4月 ハローウッズに森の空中回廊「クラーネ」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
2009年 4月 鈴鹿サーキット国際レーシングコースリニューアルオープン
5月 資本金40億に増資。
9月 資本金55億に増資。
多摩テック営業終了(9月30日)。
2010年 3月 家族で協力して楽しめる「NEWプッチタウン」オープン。(於鈴鹿サーキット)
「味の街」営業終了。フラワープラザをS-PLAZAにニリューアル、ナチュラルビュッフェ「そら・たべよ」、オーガニックカフェ「Sunpo」、
エンターテイメントグリル&バー「SHUN」オープン。(於鈴鹿サーキット)
人とモビリティをつなぐ「モビパーク」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
2011年 9月 「INDY JAPAN THE FINAL」開催。(於ツインリンクもてぎ)
11月 「FIA 世界ツーリングカー選手権」開催。(於鈴鹿サーキット)
2012年 3月 ホテル名称を「鈴鹿サーキットホテル」に変更。(於鈴鹿サーキット)
「鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デー」を開催。
7月 モータースポーツ体感型アトラクション「レーシングシアター」オープン。(於鈴鹿サーキット)
9月 開場50周年「鈴鹿サーキットアニバーサリーデー」開催。(於鈴鹿サーキット)
2013年 3月 「メガジップライン つばさ」オープン。(於ツインリンクもてぎ)
8月 「アジアロードレース選手権&CJハロービジョン スーパーレース チャンピオンシップ(2013 アジアン2&4レース)を初開催。
2014年 3月 鈴鹿サーキットに「バットのアドベンチャーヴィレッジ 」オープン。
ツインリンクもてぎに「ハローウッズ・遊びの森」オープン。
12月 ツインリンクもてぎ ホテルツインリンクに「のぞみの湯」オープン。
2015年 4月 当社100%出資の子会社「サーキットサービスクリエイツ株式会社」が「株式会社ホンダスタッフィングサービス」に社名を変更。
12月 株式会社モビリティランド、本店を東京都港区に移転。

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS