募集要項 募集要項

募集要項

2018年 新卒採用(正規従業員採用)の募集は終了しました。

2018年 新卒採用(正規従業員採用)
の募集は終了しました。

  • ◯職種
    総合職(将来は各部門をまとめあげるゼネラリストになってください)
  • ◯配属先候補
    ※入社前に希望はお伺いしますが、適正と将来の可能性を見据えて希望とは異なる配属になることもあります。
    【モータースポーツ部門】
    ◯レースの企画・宣伝・広報活動・運営・レーシングコースの管理
    【アミューズメント部門】
    ◯アミューズメント(遊園地)の営業・運営・管理・イベント企画・宣伝・広報活動
    ◯コレクションホール、ファンファンラボ、ハローウッズの営業・運営・管理
    ◯販売商品の仕入れ、購買
    【リゾート部門】
    ◯ホテル、研修会場、温泉施設の営業(フロント業務、予約受付業務)・運営・管理
    ◯レストラン、販売店等の営業・運営・管理
    【交通教育部門】
    ◯交通安全教室指導員
    【営業部門】
    ◯鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎへの団体客誘致活動
    【総務・企画】
    ◯総務、経理、情報システム
    ◯レーシングコース、アミューズメント(遊園地)、その他設備計画
    ◯乗り物の設計、ボディー等のデザイン、電気制御回路の設計
    ◯園内の総合レイアウト
    ◯ホテル、レストラン、売店のプランニング
    ◯販売商品のプランニング
    ◯アミューズメント(遊園地)、ホテルその他設備計画立案
    ◯情報発信などの広報活動
  • ◯勤務地
    鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、東京オフィス ※鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎに関してはクルマ通勤可
  • ◯勤務時間
    変形労働時間制(1ヶ月単位、1年単位のいずれか/年間労働時間1944時間)
    基本勤務時間 9:00〜17:30(実働7時間30分)
    ※季節により、変動あり
    ※部門により交替制・フレックスタイム制を採用
  • ◯初任給
    大学卒・大学院卒 月給20万4100円
  • ◯諸手当
    家族、住宅、大都市家賃補助、通勤手当(実費)、資格、時間外労働、休日出勤、深夜業、交代制勤務、時差勤務、外勤補助(営業のみ)、食事、単身赴任
  • ◯昇給
    年1回(6月)
  • ◯賞与
    年2回(6月、12月)
  • ◯休日休暇
    週休2日制(個人別 曜日交替休)※年間休日115日
    有給休暇(初年度12日、発生最大20日)
    特別休暇
    ライフケアホリデー
    リフレッシュホリデー(有給を利用し最大9日間の長期連休)
  • ◯保険
    雇用保険、労災保険、厚生年金保険、健康保険(ホンダ健康保険組合)
  • ◯保養所
    ホンダ健康保険組合直営保養所(国内5ヶ所)、契約・指定保養所あり
  • ◯社宅
    条件を満たす場合、適用

応募について

  • ◯応募資格
    2018年3月末までに国内外の大学・大学院を卒業・修了見込みの方
    ※2015年3月以降に大学・大学院を卒業・修了された第二新卒の方も可。
    ※年齢・院卒を問わず、給与その他の待遇は学卒と同様です。
    ※海外大学・留学生の方も、通常の新卒としての選考を行ないます。
  • ◯採用学科
    全学部全学科
  • ◯応募方法
    2018年 新卒採用(正規従業員採用)の募集は終了しました。
  • ◯選考フロー
    • 1. リクナビよりエントリー
    • 2. 2017年3月から、会社説明会を開催 ※会社説明会にて、選考についての詳細をご案内しますので必ずご参加ください。
    • 3. 選考 ※個人面接、グループディスカッション、適性・筆記試験を予定しています。
    • 4. 内々定(7月下旬予定) ※会社説明会にて、選考についての詳細をご案内しますので必ずご参加ください。
      ※以上が基本的な採用フローですが変更される場合があります。変更内容や詳細については、リクナビにてお知らせいたします。
    ◯お問い合わせ
    〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
    株式会社モビリティランド総務部人事・労政課
    TEL:059-378-8070 (直通)

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS