広報発表
2006年 8月 7日
株式会社モビリティランド
ツインリンクもてぎ
「2006年 全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン 第8戦 ツインリンクもてぎ」
チケット発売開始のご案内
〜特典満載のチームサポーターズシートも発売!!〜
  ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は、2006年 全日本選手権 フォーミュラ・ニッポンのシリーズ第8戦(10月21日、22日)の前売チケットを8月25日(金)より発売いたします。 また、5月にツインリンクもてぎで開催された第3戦に引き続き、この第8戦でも「チームサポーターズシート」を発売いたします。

2006年ツインリンクもてぎで開催した第3戦のスタートシーン フォーミュラ・ニッポンは、国内トップドライバーと海外実力派ドライバーの総勢22名が参戦し、日本の主要サーキットを転戦して争われる国内最高峰のレースシリーズです。
 参戦ドライバーのレベルは世界的に見ても高く、これまで多くのF1ドライバーを輩出していることからもその実力が証明されています。また、マシンは新開発の専用シャーシに今年から新たにエンジン供給を開始したTOYOTA、Hondaのエンジンを搭載するなど、ハード面での話題も豊富です。


 今シーズンはまだまだ多くのドライバーにチャンピオンの可能性が残っているため、ツインリンクもてぎで開催される第8戦では、激しいチャンピオン争いが期待されます。
 レースの舞台となるツインリンクもてぎロードコースは、1周約4.8kmに多彩なコーナーを配したテクニカルコースです。ドライバーの速さだけでなく、作戦面、ピット作業も含めたチームの総合力が要求されます。

 ツインリンクもてぎでは、ファミリーでレース観戦をお楽しみいただけるように、お得な「ファミリー券」を設定しています。園内には小さなお子様が一日中遊べる施設が揃っており、土曜日はお子様と遊び、日曜日はレースを観戦するという週末の過ごし方もお楽しみいただけます。

●ツインリンクもてぎのお子様向け施設(詳細についてはホームページをご参照ください。)
「モビリティアイランド プッチタウン」: http://www.twinring.jp/mobi/petittown/

3才から小学生までのお子様がご自分で乗り物を操り、交通マナーも学ぶことができるアミューズメント施設。

「ファンファンラボ」: http://www.honda.co.jp/fanfunlab/

『ものづくり』と『モビリティ』を楽しみながら体感できる施設。Hondaの二足歩行ロボットASIMOのステージもご覧いただけます。

「ハローウッズ」: http://www.honda.co.jp/hellowoods/

森の案内人「キャスト」と一緒にどんぐりの森を“探見”したり、木や葉など森の素材を使った工作などをお楽しみいただける自然体験施設。  ※「探見」は、「探検」と「発見」の造語です。

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS