広報発表
 
 
 1階 ホール 「INTRODUCTION」 
1914年、1961年、2004年インディ500優勝マシンと1967年インディ500のペースカーと1983年のペースカーのエンジンを展示。インディの主役であるインディカーマシンの優勝車と陰の主役ともいうべきペースカーを展示。スピード感溢れるインディの世界を表現。

【主な展示車両】
1914 L.Detage.
「1914 L.Detage」
1913年のフランスGPを完走した2台のDelageはそのドライバーとともに1914年のインディアナポリスに送り込まれた。Rene Thomasが優勝、Albert Guyotが3位という結果を残す。
ドライバー
シャーシ
エンジン
排気量
予選スピード
スタート順位
: Rene Thomas
: Delage
: 4 Cylinders. Delage
: 380cubic inches
: 94.55mph
: 15位、決勝順位 : 1位

1961 BOWERS SEAL FAST SPECIAL
「1961 BOWERS SEAL FAST SPECIAL」
A.J.Watsonが製作したと誤解されるこの車両、実はWatosonの設計図を使用しFloyd Travisが制作したもの。
4度のINDY500優勝を記録したA.J.Foytが初めて勝利したマシンでもある。
ドライバー
シャーシ
エンジン
排気量
予選スピード
スタート順位
: A.J. Foyt
: Trevis
: 4 Cylinders. offenhauser
: 255cubic inches
: 145.903mph
: 7位、決勝順位 : 1位

2004 Rahal-Letterman Argent/pioneer
「2004 Rahal-Letterman Argent/pioneer」
Hondaエンジンはこのレースでインディ500初優勝を遂げ、上位7位までも独占する。このシーズン全16戦中14勝しマニュファクチャラーズタイトルも獲得した。
ドライバー
シャーシ
エンジン
排気量
予選スピード
スタート順位
: Buddy Rice
: Panoz G-Force
: H14R-A
: 3000cc
: 222.024mph
: 1位、決勝順位 : 1位

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS