広報発表
 
■SAFERバリアシステム導入に対するIRLスタッフ、ドライバーのコメント
ジョン・ルイス(IRLレースオペレーション・シニア・ディレクター)
「インディ・レーシング・リーグは今回のツインリンクもてぎのSAFERバリアシステムの設置を大歓迎しております。今回の設置はアメリカ国外で初めての設置となると思います。SAFERバリアシステムはインディ・レーシング・リーグとネブラスカ大学で共同開発され、現在、そして未来のオーバル・レーシングでの安全には欠かせないものだと思っております」
トニー・カナーン(アンドレッティ・グリーン・レーシング/2004年インディカー・シリーズチャンピオン)
「ツインリンクもてぎは元々インディカー・シリーズを開催するサーキットの中でも最も安全なサーキットのひとつです。SAFERバリアを設置することになってより安全になるでしょう。安全に向けてツインリンクもてぎがさらにもう一歩踏み出したことをとても嬉しく思います」
サム・ホーニッシュJr.(チーム・ペンスキー/2002-2003年インディカー・シリーズチャンピオン)
「ツインリンクもてぎはぼくが好きなサーキットのひとつです。そこで初めてインディカーを走らせたことを光栄に思っています。今年SAFERバリアを設置することでより素晴らしいサーキットになることでしょう。我々のスポーツのために安全面の考慮をするサーキットは大歓迎です。来月のレースが楽しみです」
松浦孝亮(スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング)
「ツインリングもてぎにもSAFERウォールが設置されると聞いてとても嬉しく思います。ハイスピードでレースをしている僕たちにとって、SAFERウォールはレースをする上で本当にありがたいし、安心してレースができます。ドライバーにとっては意味のある変化だと思います。Indy Japanが楽しみです」
ロジャー安川(ドレイヤー&レインボールド・レーシング)
「SAFERバリアの設置が決まったことを大変うれしく思います。これでもっとサイドバイサイドのバトルができると思いますし、サーキットの安全性が大幅に向上したと思います。シリーズの中でもツインリンクもてぎはとても素晴らしい設備を持ち合わせたサーキットで、SAFERバリアが設置されれば、間違いなくトップクラスのサーキットになると思います」
 本件に関するお客様からのお問い合わせ先 
ツインリンクもてぎ(代表)TEL:0285-64-0001
 ツインリンクもてぎの情報 
ツインリンクもてぎホームページ URL:http://www.twinring.jp/
ツインリンクもてぎモバイルホームページ  URL:http://www.twinring.jp/m/
 本リリースに関するお問い合わせ、ご取材のお申し込み先 
株式会社ツインリンクもてぎ 広報課 E-mail:media@twinring.co.jp
〔東京〕 TEL:03-3278-0731 FAX:03-3278-0733
〔茂木〕 TEL:0285-64-0234 FAX:0285-64-0009
 
<< 前へ
 
プレスリリーストップへ>>

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS