広報発表
 
2005年 2月 14日
株式会社ツインリンクもてぎ
Honda Collection Hall 所蔵車両
2005年 『 第1回 一般公開 動態確認テスト走行 』 のご案内
 ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)にあるHonda Collection Hallでは、「Honda製品を中心に、歴代の2輪・4輪・汎用製品・レーシングマシンを、可能な限り動態保存」することを目的に、復元・整備を行うとともに、2輪・4輪のレーシングマシンを中心とした、エンジン始動及び実走行テストを定期的に実施しております。

 2005年3月5日(土)、ツインリンクもてぎ ロードコース(西)にて、『第1回 一般公開 動態確認テスト走行』を実施いたします。往年のマシンから最近のマシンに至るまで、モータースポーツシーンを沸かせたマシンが実際に走行する姿、蘇るHondaサウンドをお楽しみいただけます。

 今回のテスト車両の中で特に注目は、2輪では、1966年、世界GP 250ccクラスで10戦10勝の成績を収め、メーカーズタイトルおよびライダーズタイトルを獲得したマシン「RC166」です。4輪では、1989年のF1マシン「McLAREN HONDA MP4/5」。これまでのターボエンジンから自然吸気エンジンに変更となったこの年、第11戦ベルギーGPでの優勝で、Hondaに通算50勝目をもたらしました。

 つきましては本公開テストの模様を広くご紹介いただくとともに、当日ご取材を賜りたく、ご案内いたします。開催概要は下記のとおりです。
 
 開催概要 
●日   時 3月5日(土)  10:00〜12:00、13:30〜15:30
●会   場 ツインリンクもてぎ ロードコース(西)
●走行車両
【2輪】 4RC146(1965年)、RC149(1966年)、RC166(1966年)、CB750F(1982年)、
NSR500(1999年)  ※NSR500とCB750Fは初テストマシンです。
  RC166
  ▲ RC166
1966年世界GP 250ccクラスで10戦10勝を収めタイトル獲得。エンジンは空冷4サイクル6気筒、最高出力60ps/18,000rpm。車体重量114kg、7段ミッション、最高速240km/h。
次へ >>
 
プレスリリーストップへ>>

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS