広報発表
 
【MotoGPとは】
MotoGP世界選手権シリーズとは、オートバイレースの世界一を決定するもので春から秋にかけて世界各国を転戦し、年間16戦でチャンピオンを争う。1949年から続くこの歴史あるシリーズも現在は排気量別にMotoGP、GP250、GP125の3クラスがあり、最高峰のMotoGPクラス(排気量990cc)のチャンピオンは世界ナンバー1の称号を得ることになる。
MotoGPのレースシーンは全世界にテレビ中継され、そのブランド力は確固たるものとなっており、世界の主要二輪メーカーが揃って参戦し、熾烈な技術力競争が行われている。同じくタイヤ、ヘルメット、オイル、ガソリン等あらゆる部分で世界中のメーカーが積極的な活動を展開しており、MotoGPが持つブランド力の強さがうかがえる。
また、日本のメーカーも数多くMotoGPに参戦しており、高い技術力を示している。ライダーにおいてもこれまで5人の日本人ライダーにより合計7回のワールドチャンピオン獲得が記録されている。唯一、残された最高峰クラスでのチャンピオン獲得に向け、今年は4人の日本人ライダーがMotoGPクラスに参戦している。
【今シーズンの見所】
若干22歳で史上初となる3クラスでのワールドチャンピオン獲得を達成し、最高峰クラスでは昨年まで3年連続してチャンピンオンを獲得してきたバレンティーノ・ロッシ(イタリア)が、チャンピオンマシンのHondaからYamahaに移籍したことで、Hondaを駆るライダー達とロッシの対決に注目が集まっている。序盤3戦が終了した時点でロッシ1勝、Hondaを駆るセテ・ジベルノー(スペイン)が2勝しており、今後もこの戦いから目が離せない。

今年は、4名の日本人ライダー、玉田誠選手(CAMEL Honda)、中野真矢選手(Kawasaki Racing Team)、阿部典史選手(Fortuna Gauloises Tech 3)、青木宣篤(Proton Team KR)がMotoGPクラスに参戦しており、活躍が期待される。
 本件に関するお客様からのお問合せ先 
ツインリンクもてぎ(代表) TEL:0285-64-0001
 ツインリンクもてぎの情報 
ツインリンクもてぎホームページ URL:http://www.twinring.jp/
ツインリンクもてぎモバイルホームページ  URL:http://www.twinring.jp/m/
 本リリースに関するお問合せ、ご取材のお申込み先 
株式会社ツインリンクもてぎ 広報課 E-mail:media@twinring.co.jp
 〔東京〕 TEL:03-3278-0731 FAX:03-3278-0733
 〔茂木〕 TEL:0285-64-0234 FAX:0285-64-0009
<< 前へ
 
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS