広報発表
 
 参加について 
 
●申込み受付期間 2004年5月10日(日)〜5月22日(日)当日必着 (受付時間 10:30〜16:00)
●申込み先
〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
ツインリンクもてぎ モータースポーツ課内 『もて耐』 レース事務局
TEL:0285-64-0200 FAX:0285-64-0209
※ 参加定員(258台)を超えた申込みがあった場合は、受付期間終了後、事務局にて抽選を行い、参加者を決定します。 
●ライダー資格 本年度に有効なMFJ国際または国内ライセンスを保持していること。但し、国内ライセンス保持者は、国内格式以上のレースに参加した実績、もしくは国内各サーキットでのスポーツ走行実績7時間以上を有すること。 (国内フレッシュマンライセンスは不可)
●参加車両 排気量125cc以上でホイールリムサイズが16インチ以上の車両
 
 競技規則の主な変更点
「モーターサイクルスポーツに気軽にご参加いただく」というもて耐の主旨を更に推し進め、規則を一部変更致しました。
 
●安全性の向上
初心者ライダー(国内ライセンス取得一年未満)に対し、初心者講習会の受講を義務付けます。
国内ライセンスライダー全員に、レース出場実績、もしくはスポーツ走行実績を加え、もて耐 当日までに走行経験を有する方々によるレースとします。
決勝レース(コンソレーションレースを含む)を存分にお楽しみいただいた全完走チームに「完走賞」(現金2万円)を贈呈します。これにより、完走率と参加者の安全意識向上を図ります。
 
●国際ライセンスライダーの制限
技術レベルの高い国際ライセンスライダーに制限を加え、その優位性の抑制を図ります。
1チームあたりのライダーを3〜4名とし(’03は3〜5名)、国際ライセンスライダーは第4ライダーでの登録とします(’03は第3ライダー)。これにより、ライダー1人あたりの走行距離が短縮され、必然的に、国際ライセンスライダーの走行距離も短くなります。
国際ライセンスライダー登録チームは、決勝スタートライダーを国際ライセンスライダーとしなければなりません。これにより、国際ライセンスライダーが走行可能な2回の内1回は、スタート時の最大燃料積載量15リットルでの走行となり、必然的に走行距離が短くなります。
 
●完走車両買取規定の変更
買取側にとって、より買取りやすい規定と致しました。これにより、車両改造費の高騰化、および予算の多いチームの優位性の抑制を図ります。
優勝車両のみ、参加者、観戦のお客様に加え、主催者も買取り可能とします。
買取価格の値下げ 【国内メーカー車:180万円(’03は200万円)、海外メーカー車:270万円(’03は300万円)】
 
●賞金の廃止とホスピタリティの向上
順位に対する賞金を廃止し、その費用を、参加者の皆様の参加環境改善に充当します。
女性参加者向け更衣室の新設
パドック内シャワールームの新設  などを予定
<< 前へ  次へ >>
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS