広報発表
 
2004年 3月 16日
「2004年 全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ」
4月23日(金)よりチケット発売開始
お得な「ファミリー券」と人気の「コースサイド駐車券」も同時発売
 ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は、2004年6月5日(土)〜6日(日)に開催する国内最高峰のフォーミュラカーレース「2004年 全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン 第3戦 ツインリンクもてぎ」の前売チケットを4月23日(金)より発売いたします。
 フォーミュラ・ニッポンは、約600kgの軽量車体に3000cc、500馬力以上のエンジンを搭載したレース専用マシンを用いて争われる国内最高峰のレースです。今年のフォーミュラ・ニッポンは、全9戦で争われ、その中には初めての海外戦となるマレーシアでの開催も含まれており、シリーズのさらなる盛り上がりが期待されます。

 その舞台となるツインリンクもてぎ ロードコースは、1周 約4.8kmに多彩なコーナーを配置したテクニカルコースとしてマシン、ドライバー、チームの総合力が試される一戦となります。
昨年6月に開催したフォーミュラ・ニッポン第4戦のスタートシーン
 
 ツインリンクもてぎでは、ファミリーでレース観戦をお楽しみいただけるように、お得な「ファミリー券」を設定しています。園内には小さなお子様が一日中遊べる施設が揃っているため、土曜日はお子様と遊び、日曜日はレースを観戦するという週末の過ごし方もお楽しみいただけます。
 また、観戦席のすぐ近くにお車を駐車してレースを観戦できることで人気の高い、「コースサイド駐車券」を限定300枚で前売販売いたします。小さなお子様をお連れのファミリーやレース観戦初心者の方も自分の車が近くにあることで安心してレースをご観戦いただくことができます。
●ツインリンクもてぎのお子様向けの施設(詳細についてはホームページをご参照ください。)
「モビリティアイランド プッチタウン」: http://www.twinring.jp/mobi/petittown/
3歳から小学生までのお子様が自分の意思で乗り物を操り、交通マナーも学ぶことができるアミューズメント施設。(3月20日に新しく2機種を追加し、全5種類の乗り物で営業)
「ファンファンラボ」: http://www.honda.co.jp/fanfunlab/
お子様が自ら『ものづくり』と『モビリティ』を楽しみながら体感できる施設。(3月20日にリニューアル)
「ハローウッズ」: http://www.honda.co.jp/hellowoods/
里山をキャスト(案内人)とともに探索したり、池での水遊びをしたり、キャンプも楽しめる自然体験施設。
次へ >>
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS