広報発表
 
2003年 10月 26日
2003年IRLインディカー・シリーズ年間表彰式開催
ツインリンクもてぎ「Promoter of the Year」を受賞
 株式会社ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町 社長:清水郁郎)は、2003年10月25日(土)にアメリカ(フロリダ州ウォルトディズニーワールド)でインディ・レーシング・リーグ(Indy Racing League 米国インディアナ州インディアナポリス、社長:トニー・ジョージ 以下IRL)により開催されたIRL年間表彰式「チャンピオンシップ セレブレーション」にて、シリーズチャンピオンに輝き100万ドルのボーナスを送られたスコット・ディクソン選手(チップガナッシ・レーシングチーム)と並び、本年度の最優秀主催者に与えられる「Promoter of the Year」を受賞いたしました。

 IRLは、米国を代表するモータースポーツイベント「Indianapolis 500」(通称:INDY500)を中心に2003年には全16戦を開催。その中で、IRL初の米国外でのレースとしてツインリンクもてぎで開催された「BRIDGESTONE INDY JAPAN 300mile」に対して、IRL社長のトニー・ジョージ氏は、「日本でのインディファンの創造とIRLの米国外進出に貢献したツインリンクもてぎの活動を高く評価したい」とコメント。

<株式会社ツインリンクもてぎ 社長 清水郁郎のコメント>

 「2003年度のIRLインディカー・シリーズにおいて、ツインリンクもてぎが『Promoter of the Year』に選ばれたことを大変栄誉に感じております。
まずは、開催期間中にご来場頂きました10万余名のお客様をはじめ、本大会に多大なるご支援を賜りましたスポンサー・パートナー各社様、ご後援を賜りました米国ならびに日本の政府官庁とレース・イベントの運営にご尽力頂きました皆様に改めて心より御礼申し上げます。
また、初のIRLレース開催に向けて一丸となり努力してきた全ての従業員と共に喜びを分かち合いたいと
思います。」
株式会社ツインリンクもてぎ 社長 清水郁郎 受賞シーン
次へ >>
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS