広報発表
 
2003年 9月 9日
「2003年日本カート選手権 全日本選手権FSAシリーズ 第7戦」 開催
地元栃木県からは、現在ランキングトップで、今市高校の塚越広大選手、

昨年度 FAクラスチャンピオンで、鬼怒中学校の山本尚貴選手が参戦!

 インディジャパンなどの国際レースを開催するツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は、2003年9月21日(日)、レーシングカートの国内最高峰「2003年日本カート選手権 全日本選手権FSAシリーズ第7戦」を開催致します。
 レーシングカートは、モータースポーツの登竜門といわれ、モータースポーツの世界最高峰、F1グランプリで 昨年5度目のチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハ選手や、今年からアメリカンモータースポーツの最高峰インディカー・シリーズに参戦しているロジャー安川選手もかつてはカートレースで腕を磨きました。全日本選手権FSAはカートレースの国内最高峰カテゴリーに位置し、若く将来有望な選手が数多く参戦しております。
 地元、栃木県からは、今季2勝を上げて現在ランキングトップ、初のチャンピオン獲得に期待がかかる塚越広大選手(ARTA、今市市、栃木県立今市高等学校、16歳。今大会で優勝し、ランキング2位の井上寛之選手が9位以下、ランキング3位の津田浩次選手が7位以下の場合、最終戦を待たずにチャンピオン決定。)と、昨年、全日本FAクラスで年間7戦中4勝を上げ、圧倒的な強さでチャンピオンを獲得した山本尚貴選手(ARTA、宇都宮市、宇都宮市立鬼怒中学校、15歳)、の二人の現役高校生、中学生の若く将来有望な選手が参戦します。
 是非、未来のトップドライバー達のバトルをご覧いただきたく、ご案内申し上げます。
 開催概要 
●大会名称 2003年日本カート選手権 全日本選手権FSAシリーズ 第7戦
●主催 株式会社ツインリンクもてぎ
●公認 社団法人 日本自動車連盟(JAF)
●開催日程 2003年9月21日(日) 公式練習、タイムトライアル、予選ヒート、決勝ヒート
●会場 ツインリンクもてぎ 北ショートコース(全長982.164m、最大直線長142.280m)
●開催クラス FSA(Formula Super A)
●同日開催 2003年 EAST JAPAN CUP 第5戦 (開催クラス : SUPER-1)
2003年 もてぎカートレース 第6戦 (開催クラス : PRDエキスパート、S)
●観戦料金 通常入場料金(二輪車1台に付き500円、四輪車1台に付き1,000円)にてご観戦頂けます。
   ※当レースの詳細ならびにリザルトは弊社ホームページhttp://www.twinring.jp/にてご覧頂けます。
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS