広報発表
 
 
2003年 5月 17日
2003年R2-1 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦
もてぎスーパーバイクレース チケット発売開始のご案内
―『Riders’ Thanks Day of MOTEGI HOTDOG 2003』同時開催のご案内―
 ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は2003年7月19日(土)〜20日(日)の2日間に開催いたします、国内最高峰の二輪車レース『2003年R2-1 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 もてぎスーパーバイクレース』のチケットを5月19日(月)より発売開始いたします。

 今シーズンより、トップカテゴリーの呼称が「スーパーバイク」から「JSB1000(ジャパン・スーパーバイク1000)」に改称されました。イコールコンディション、ローコストを目指したこのJSB1000クラスは市販車ベースのマシンで争われ、改造範囲の制限、パーツの買取規制※1などレギュレーションが大きく改定され、より激しい戦いが繰り広げられることとなります。ほかGP250、GP125、ST600の3クラスも同時開催いたします。

 なお、7月19日(土)〜21日(月・祝)の3日間は、ツインリンクもてぎにてライダーのためのお祭りとして恒例となりました『Riders’Thanks Day of MOTEGI HOTDOG 2003』を開催いたします。
 1999年に「バイク乗りのための1日解放区をつくろう」という試みで初めて開催したこのHOTDOGも5回目を迎え、より広い二輪の世界を多くのライダーと一緒にお楽しみいただきたく、今年はこの国内最高峰の二輪車レースと同時開催いたします。北ショートコースや南コース、アクティブセーフティトレーニングパークなど、ツインリンクもてぎ全域を使用した様々な二輪のイベントプログラムをご用意し、多くのライダーやご家族連れの方々に、「観て」、「体験して」お楽しみいただきます。

 夏休み最初の3連休、賑やかな二輪のお祭りムードの中で開催されます『2003年R2-1MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 もてぎスーパーバイクレース』に、多くのライダーやご家族連れの方々にお越しいただきたく、ご案内申し上げます。
 
※1 希望者がいた場合に、出場マシンのパーツを規定の金額にて販売しなくてはいけない。
  (例:フロントサスペンション=120万円、リアサスペンション=40万円、シリンダーヘッドアッセンブリ=50万円など)
≪開催概要≫
●大会名称 2003年R2-1 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦
もてぎスーパーバイクレース
●開催日程 2003年7月19日(土)公式予選、20日(日)決勝レース
●開催クラス JSB 1000クラス/GP250クラス/GP125クラス/ST600クラス
●併催レース 2003もてぎロードレース第4戦(開催クラス オープンマイスタークラス/オープンチャレンジクラス)
●主催 株式会社ツインリンクもてぎ/エムオースポーツクラブ(M.O.S.C.)
財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
●公認 財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
●後援 文部科学省/茂木町
●会場
ツインリンクもてぎ ロードコース(4.801Km)
栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1    Tel:0285-64-0001(代表)
●チケット料金
   観戦料金  駐車料金
 大人  4歳〜高校生  二輪  四輪
 前売り
3200円 
700円 
無料※2 
1000円 
 当日(予選日)
2000円 
700円 
500円 
1000円 
 当日(決勝日)
4000円 
700円 
500円 
2000円 
●発売先 ツインリンクもてぎチケット&インフォメーション TEL 0285-64-0080
ツインリンクもてぎ公式ホームページ http://www.twinring.jp
   
プレイガイド/ チケットぴあ: TEL 03-5237-9999, 03-5237-9977
CNプレイガイド: TEL 03-5802-9999
ローソンチケット :TEL 03-5537-9999
   
コンビニエンスストア/ ファミリーマート、ampm、ローソン、セブンイレブン※3セーブオン※4サンクス※4
    ※3東京都内 ※4一部店舗を除く (一部の券種のみお取り扱いしている所もあります。)
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS