広報発表
 
【参加申込みの手順について】
1. 参加申込書、TRMC共済会申告書(ピットクルー登録申請書)、車両仕様書をツインリンクもてぎ公式ホームページhttp://www.twinring.jp/motorsports/race/motegi/JOYTAI/index.htmlよりダウンロードしていただくか、下記「Joy耐」レース事務局にお電話の上お取り寄せいただきます。
2. 参加申込書、TRMC共済会申告書(ピットクルー登録申請書)、車両仕様書に必要事項を完全に記入、捺印した上で、参加料と必要な共済会費を添えて、現金書留にて「Joy耐」レース事務局までお送りいただくか、直接「Joy耐」レース事務局までお持ちいただきます。
3. 参加申込み受付期間終了後、「Joy耐」レース事務局より、参加受理もしくは参加拒否を通知します。(参加拒否は車両が規則に合致していない場合など)
 
【競技規則について】
Joy耐は、「競技性よりも、レースに参加して7時間をお楽しみいただくこと」をコンセプトに独自のレギュレーションのもとに行われる、ツインリンクもてぎオリジナルの参加型レースです。昨年ご参加いただいた皆様から貴重なご意見をいただきながら、ファミリーカーからディーゼル四駆まで、多種 多彩な車両が参加できるレースとして、さらに楽しく、大勢の方にご参加いただけるJoy耐を目指して、新しいレギュレーションを作りました。
 
決勝進出台数を90台に
第1回Joy耐では45台、そして昨年の第2回Joy耐では、76台が決勝グリッドに付くことができましたが、3回目となる今回はさらに増加し、90台が決勝グリッドに付くことができます。第1回Joy耐と比較すると、実に倍のグリッド数となり、より多くの方に決勝へ進出してレースをお楽しみいただけるようになりました。また、残念ながら決勝に進めなかったチームにも、土曜日にコンソレーションレースをお楽しみいただけるようになっておりますので、エントリーすれば必ずレースを楽しめるシステムとなっております。
細かなクラス分けで、国産車から外国車まで幅広い車種が決勝へ進出
  参加車両は、JAF公認・登録の有無、改造範囲、気筒容積によって表のように14クラスに分けられます。今年も「より多くの車種に参加していただきたい」という考えのもと、C-1、C-2、C-3という外国車用の3クラスを追加しました。このクラス分けは、昨年同様に予選時のみに適用され、全体の参加台数に対する構成比に応じた台数が各クラスより決勝に進出できます。なお、決勝ではこのクラス分けはなくなり、7時間の周回数によって順位を決定します。
 
 
JAF公認・登録あり
JAF公認・登録なし
改造範囲
N1
N2
N1またはN2
排気量
661cc〜1400cc
A-1
(シティ、スターレットなど)
B-1
(シティ、スターレットなど)
C-1
排気量
1401cc〜1600cc
A-2
(シビック、レビンなど)
B-2
(シビック、レビンなど)
排気量
1601cc〜2000cc
A-3
(インテグラ、S2000など)
B-3
(インテグラ、S2000など)
C-2
排気量
2001cc〜3500cc
A-4
(NSX、インプレッサなど)
B-4
(NSX、インプレッサなど)
C-3
排気量
3500cc以上
A-5
(ポルシェなど)
B-5
(ポルシェなど)
排気量
661cc〜1600cc
の後輪駆動の車両
A-FR
(ユーノスロードスターなど)
   
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS