広報発表
 
走行車両:
Noc-Out Hose Clamp Spl.(1941年)
※ 左:当時の写真、右:ホンダコレクションホールにて現在展示中の写真
1941年、インディ500第29回大会にて、フロイド・デイビス、マウリ・ローズの2人が優勝に導いたマシン。2人のドライバーによる優勝は、1924年第12回大会以来のこと。なお、この年12月、太平洋戦争が勃発し、45年までの4年間インディ500は休止されました。
Lotus 56“Wedge”Turbine(1968年)
※ 左:当時の写真、右:ホンダコレクションホールにて現在展示中の写真
ガスタービンエンジン搭載の四輪駆動マシン。1968年、インディ500第58回大会にて、予選2位を獲得し、決勝でも上位を走行しましたが、惜しくもマシントラブルでリタイア。
ウェッジシェイプ(くさび形)のボディは、その後のインディカーのスタイリングに多大な影響を及ぼしました。
 
ドライバー (予定):
アル・アンサー・シニア(Al Unser Sr.)
インディ500 第54回(1970年)、第55回(1971年)、第62回(1978年)、第71回(1987年)大会の優勝者。なお、兄ボビーも3勝、息子アルJr.も2勝をあげており、アンサー家はインディ500で合計9勝をあげています。息子アルJr.は今年もインディカー・シリーズに参戦しており、活躍が予想されます。
 
ジョニー・ラザフォード(Johnny Rutherford)
インディ500 第58回(1974年)、第60回(1976年)、第64回(1980年)大会の優勝者。因みに、ホンダコレクションホールにて展示中のChaparral 2K(1980年)は、彼にとって最後のインディ500優勝マシン。
プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS