広報発表
 
2002年 9月20日

2002MotoGP世界選手権シリーズ第13戦
ゴロワーズ パシフィックグランプリもてぎ
ワイルドカード・ライダーのご案内

 
カワサキ、ヤマハがMotoGPクラスに4ストロークマシンを投入
10月4日(金)〜6日(日)に開催する、「2002MotoGP世界選手権シリーズ第13戦ゴロワーズ パシフィックグランプリもてぎ」に出場するワイルドカード・ライダーをご案内いたします。

グランプリに4ストロークマシンが登場した2002年シーズンも、残りわずかとなりましたが、早くも来期を見据えた動きが活発化してきました。特に各メーカーによる4ストロークマシンの開発は実戦の中でも進んでおり、「ゴロワーズ パシフィックグランプリもてぎ」では、今年最大数となる12台の4ストロークマシンがグリッドに並ぶ光景が見れそうです。

世界各国で開催されるMotoGPには、ワイルドカードとして大会ごとの特別出場枠があり、メーカーと各国のライダーにMotoGP出場のチャンスが与えられます。

「ゴロワーズ パシフィックグランプリもてぎ」では、カワサキとヤマハがそれぞれ4ストロークマシンでMotoGPクラスに出場します。カワサキは、2003年からのMotoGPクラス参戦が決定しておりテストが続いていましたが、MotoGPでのレースは今回が初となります。
また、後半戦に入って調子を上げ、ホンダの連勝にストップをかけたヤマハも3台目となる4ストロークマシンを投入します。
その他にも全日本選手権でチャンピオンを争うトップライダー達が、125ccクラスで5名、250ccクラスに6名が出場します。

 
次へ >>

プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS