広報発表
 
2002年 5月8日
エンデュランス・カーニバル2002もてぎEnjoy耐久レース(通称:Joy耐)
決勝出走台数を76台に増加して開催

ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は、2002年5月18日(土)、19日(日)に四輪車での7時間耐久レース「エンデュランス・カーニバル 2002もてぎEnjoy耐久レース(通称:Joy耐)」を開催いたします。

 Joy耐は、参加型モータースポーツを提唱するツインリンクもてぎが、『より多くの方に気軽に楽しく参加していただけるレース』をテーマに、2001年より開催しております。初開催となった昨年は、1300ccから3000ccまでのバラエティ溢れる53台のマシンが集まり、『どの車両にも勝つチャンスを!』のキャッチフレーズ通り、あらゆる車両が次々にトップを入れ替え、誰が勝つのか分からない見応えあるレースが展開されました。

 本年は、より多くの方に、この「Joy耐」がもつ独特の楽しさをご体感いただけるよう、スタート方式ならびにピットレーン制限速度の変更を行い、決勝グリッド数を昨年の45台から76台に増加して開催いたします。(この決勝グリッド数増加は、Joy耐に限り実施されます。)また、燃料補給についても、パドック内のガソリンスタンドで給油を行なうなど、他に例を見ないユニークな規則を採用し、ご観戦いただくお客様にも間近でマシンをご覧いただくことができます。
 さらに、決勝進出を逃したチームに対しては、18日(土)に1時間耐久レースを行います。土曜日のミニ耐久レース開催は、「参加した全てのチームに耐久レースを楽しんでいただきたい」という、もてぎの基本姿勢でもあり、これまでにない魅力あるレースを目指しております。

 また、今年は昨年までHRCのワークスライダーとして、WGP(現Motogp)をはじめ世界の2輪レースで活躍した岡田忠之氏が、バンド「チューブ」のドラマー松本玲二氏、J-WAVEのDJとして活躍するピストン西沢氏とチームを組むなど、参加選手もバラエティに富んでおります。
 本大会の開催概要については、下記の通りとなっております。



次へ >>

プレスリリーストップへ>>

 

表示:モバイル | パソコン

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS